沿革 
昭和21年(1946)
近藤暹個人で大阪市城東区関目町2番4で創業
昭和25年(1950)
資本金30万円で(有)三永金属工作所を設立
昭和32年(1957)
会社組織を変更して資本金120万円で三永金属工業(株)となる
昭和41年(1966)
大阪市鶴見区浜1丁目1番76号に移転
昭和45年(1970)
熊本県玉名市に誘致第1号企業として九州三永金属工業(株)を設立
昭和51年(1976)
金型専門加工の(株)サンエックスを設立
昭和62年(1987)
タイ国バンコクにタイサンエイ(株)を設立
平成 2年(1990)
設立40周年を機に(株)エスケイケイに社名変更するとともに、本社を大東市に新築移転、奈良県生駒市に工場を新築移転
ロールホーミング製造設備導入、建築下地材製造開始
平成 4年(1992)
新商品開発、アートパンチング部門操業
建築下地材、通産局より日本工業規格取得、(JIS)表示許可認定
平成 7年(1995)
本社工場を奈良県生駒市に集約移転
輸出入促進部門を発足
(株)サンエースを設立
平成 8年(1996)
超精密プレス分野に進出
平成12年(2000)
50周年を機に役員人事、新体制スタート(6月)
・近藤暹 代表取締役会長就任
・光吉庸郎 代表取締役社長就任
ISO9002認証取得(JQA-QM5601):アルミ外装部品及び金属部品の精密加工
平成13年(2001)
タイサンエイ(株)、ウェルグローに新鋭の第2工場設立
平成15年(2003)
ISO9001取得
平成16年(2004)
55周年を機に資本金5,500万円に増資
(株)サンエース、工場を同北田原工業団地内に拡張移転
ISO14001取得(JACO-ECO4J0005)
平成17年(2005)
デジタルカメラの外装部品増注により、(株)エスケイケイと九州三永金属工業(株)にアルミライン増設
平成18年(2006)
業務合理化と金型部門強化の為、(株)サンエックスと吸収合併
・難波勝利 代表取締役社長就任(6月)
平成19年(2007)
情報セキュリティ委員会設置、300tWクランクサーボプレス2台導入 
平成22年(2010)
タイサンエイ(株)ウェルグローに第3工場設立 
平成23年(2011)
組織の変更と共に、新体制スタート
・近藤弘孝 代表取締役社長就任